テープ起こしのやり方について

テープ起こしの作業を請け負うテープ起こし業者では、詳細な料金プランを設けていますが、クライアント(依頼人)の求める目的によって、主に3つのやり方に分かれてきます。

テープ起こし やり方

素起こし

テープ起こしの基本的な起こし方のひとつに「素起こし」と呼ばれる作業方法があります。

素起こしは、「まる起こし」とも言われているように、会議、講演、シンポジウム、インタビューなどの音声を、そのままテキストに起こす方法になります。

分かりやすく説明すると、会話に含まれている「あのー」や「えーと」といった発声もそのまま書き起こされます。つまり聞いたままの内容がテキストになるわけです。

整文

その他には、「整文」というプランもあって、ケバ取りをしたテキストを喋り口調ではなく、語尾を「です・ます」、「である」などに整えて、意味が通る文章に直します。

いい例が有名人などが出版している自伝です。自伝は、本人の録音された音声をテキストに起こして書籍として整えるわけですが、ケバ取りだけで意味が通る文章に仕上げるのは難しいため、意味が通るように整文化しています。

ケバ取り

テープ起こしの音声の起こし方には、素起こし、整文、ケバ取りと、主なプランはこの3通りになりますが、作業料金に関しては、「ケバ取り<素起こし・整文」となっているのが一般的です。

ケバ取りというのは、話の内容と全く関係のない「あー」や「えー」といった、意味のない言葉や声、言い間違えなど、不要箇所を削除・修正して書き起こす方法になります。

不要箇所の削除や修正など編集作業が必要になってくることから、料金が高くなると思われがちですが、たいていは、素起こしより若干安くなっています。

それは、素起こしでは、すべてテキストに書き起こさなければいけないため逆に手間がかかるためで、業者的にはケバ取りのほうが歓迎されるケースが多いです。

なお、作業担当者によって、素起こし・整文については、認識の違いがあるのが現状です。素起こしを依頼したら、ケバ取りに近い状態で上がってくるケースもあるようです。