テープ起こしの仕事で収入を得るには?

テープ起こし(文字起こし)の仕事は、特別な資格も特に必要ありませんので、やろうと思えば誰でもできる仕事といえるかもしれません。

在宅ワークや副業としてやってみようと思う方が多いのもこのあたりが関係しているのでしょう。

テープ起こしの仕事について

テープ起こしの仕事を具体的に説明すると、企業や機関などで行われる公演やセミナー、会議、インタビューなどで録音された音声を文字に起こす作業になります。

録音された音声データを文字に起こすだけの作業ならそんなに難しくないのでは?と考える方もいると思いますが、これが意外と難しいのです。

何故なら、音声データーにはいろいろな種類や状態があるため、作業内容は一つとして同じにならないからです。

音声データは多種多様

例えば、会議で一人の方がはっきりした口調で、ゆっくり分かりやすく話をしている内容であれば、文字に起こすことはそれほど難しくはありません。

しかし、このような状態の良い音声データというのはまずありません。

話している人が、早口だったり声が小さかったり標準語でない場合があったり、1対1の会話ならまだしも、複数人になると作業的に難易度はグンとあがります。

また、音声自体が反響していたり、歪んでいたりすることもあります。

このように、テープ起こしの仕事というのは聞き取りづらい音声データを正確に文字に起こす作業が必要となるため決して簡単ではないのです。

テープ起こし 収入を得るには

テープ起こしの仕事で収入を得るためには?

テープ起こしの仕事をして安定して収入を得たいなら、やはりテープ起こしの知識やスキルをしっかりと身に付ける必要があります。

テープ起こしの知識やスキルを身に付ければ作業効率も上がりますし、多くの案件をこなすことができるようになれば、その分安定して収入を得ることができます。

独学で勉強することもできますが、しっかりとしたテープ起こしの知識やスキルを身につけたい場合は、テープ起こし 講座に参加してみるのもひとつの方法です。

テープ起こし 講座には、オンラインやテキスト形式など様々なタイプありますが、3ヶ月といった短い期間でテープ起こしの知識やスキルを身に付けることができる講座もあります。

副業や在宅ワークとしてテープ起こしの仕事にチャレンジしたいと思っている方は、テープ起こし 講座の参加を一つの選択肢として考えてみると良いでしょう。