セラミックの種類はどれくらいあるの?

こんにちは、さあやです。

前回書いたラミネートベニア、インレー、クラウンというのは種類ではなく形の事です。

セラミックにはアルミナオールセラミック、ジルコニアやハイブリッドなどの名称があると思いますが、これらは使われている素材がそれぞれ違います。

アルミナオールセラミックは一般的なセラミックで、酸化アルミニウムと言われています。お皿や鈍器などの一般的なセラミック製品のものにはほとんど含まれているものです。

特徴は透明度が高い事と、色調がキレイな事です。その為、見た目には自然な透明感があります。

次にジルコニアは、ジルコニウムの酸化物の事で、人口ダイヤモンドとして有名ですよね。そんなジルコニアを素材として作られたセラミックは、金属よりも強い強度があり、とても軽いのが特徴です。

人体に使用しても馴染みが良いことから信頼性がとても高い素材なのです。

次にハイブリッドというのは、セラミックとレジンと言われる歯科用のプラスチックを混ぜ合わせて作られているものです。混ぜ合わせる事でそれぞれの短所を補う事ができます。

透明度はセラミックよりも劣ってしまいますが、自然の歯にはとても近いので自然な歯とよく馴染みます。強度は人の歯と同じくらいあるので嚙合わせる歯にも優しいです。

また、金属を使用していないので金属アレルギーになることもありません。

このように使われる素材によって特徴が違っているので理想とするものに近い素材を使用するのが良いでしょうね。