キャッシング情報テンコ盛り盛り

未成年のキャッシング

未成年のキャッシング

残念ながら、未成年者がカードローンサービスでキャッシングをすることは出来ません。全てのカードローンサービスでは、20歳以上に融資が限定されているのです。たとえ高校卒業と同時に社会に出ていたとしても、カードローンサービスを利用することはできません。

 

ただし、一部例外があります。それは、クレジットカードを利用したキャッシングです。大手カード会社では、高校生を除く18歳以上の若者にもクレジットカードを発行しているのです。ここでは、少額ながら10万円〜20万円ほどキャッシングを利用することが出来ます。クレジットカードの金利は高く設定されているため、頻繁にお金を借りることはおすすめできませんが、緊急の場合は、キャッシングを利用するのは仕方がないことです......。

 

例えば、実家や親戚の用事で急に帰省することになった。病気で学費が払えなくなった、就職活動でスーツが必要になったなど。さまざまなお金の問題に、少額のキャッシングを役立てることが出来るのです。出来るだけ限度額に余裕を残して、キャッシングを活用するよう努めて下さい。

 

あまり沢山のキャッシングを繰り返すと、例え返済状況に問題はなくても、カード会員の取り消しに踏み切る会社も一部あります。こうした横暴なカード会社は多くありませんが、クレジットカードはキャッシングがメインでないだけに、債務が増えないように自分できちんと管理する必要があるでしょう。借り入れの負担を少なくして、社会に出るまでの期間、ムダなキャッシング増やさないことが大切です。ローンやキャッシング利用は、正しく行うようにしましょう。

 

未成年のうちはキャッシング利用者の平均年齢である30代〜40歳代に比べて基本的に収入が少ないので、あまりキャッシング頼りの生活にならないよう注意しなければなりません。未成年とはいえ、親に返済を助けてもらうのは避けたいものです。

 

ちなみに、学生ローンという学生をターゲットにした消費者金融では一部、18歳以上の学生に融資を行っていることがあります。ただし、こちらの場合は学生(高校生不可)である必要があるので、既に社会進出している人は利用できません。


ホーム RSS購読 サイトマップ