キャッシング情報テンコ盛り盛り

キャッシング申し込みに必要なもの

キャッシング申し込みに必要なもの

 

キャッシング申込に必須の書類は本人確認書類です。

 

現在、本人確認書類は運転免許証・パスポート・住民票・健康保険証など様々ありますが、2016年からマイナンバーカードがIDカードとして統一されることになります。

 

また、キャッシング申込に必要になるもう1つの書類は、前年度の所得を証明する書類です。特に、メガバンクや大手信販クレジット会社や大手消費者金融会社で100万円以上のキャッシングを希望する場合は、前年度の所得を証明する書類が必須になります。しかし、小さな借入が目的ならば所得を証明する必要はないとしているところが多いです。自分の希望借入額に応じて、用意する書類を確認しなければなりません。

 

また、主婦のキャッシングで場合によって必要になるのが「配偶者貸付」の書類です。「配偶者貸付」は主婦や専業主婦の与信が本人の信用力だけでは十分でない場合に、夫の信用力を担保にキャッシングを行う制度です。その場合、夫の本人確認書類や融資承諾書が必要になります。

 

自営業者などのビジネスローンの場合は、申込時にビジネスを営んでいることを証明する書類が必要になります。只、決算書を揃えなくとも、納品書や支払先の領収書があれば足りる場合が殆どです。

 

キャッシングで必要になるのはなにも書類だけではありません。インターネット経由でキャッシング申込する場合は、本人名義の電子メールアドレスが必要です。簡易審査や本審査の結果や申込の手順などが、メールアドレスに送られて来るからです。現在、グーグルメールやヤフーメールなどのフリーメールは、直ぐにアカウントを作ることができます。

 

最後に、キャッシング申込時に忘れてはならないことは総量規制の趣旨です。キャッシングを申込む前に、現在の借入金額が前年の年収の1/3以内に収まっていることが求められます。

 

このように様々な立場や状況によって必要なものは変わってくることがわかると思います。しかし誰であろうとどの業者であろうと必ず必要になるのが、冒頭で述べた本人確認書類です。お忘れのないように。


ホーム RSS購読 サイトマップ