キャッシング情報テンコ盛り盛り

キャッシング多重債務を避けるには

キャッシング多重債務を避けるには

 

勤労者世帯の平均的な年収と言われる600万円程度のビジネスマンが200万円のカードローンを抱えた場合、毎月の返済額は利息分だけで33,000円を超えます。この利息分に元本の返済分を加えると、毎月の返済額は少なくとも40,000円から50,000円になります。従って、200万円のカードローンは、年収600万円のビジネスマン独力では返済できる金額ではありません。何故なら、返済額の40,000円から50,000円という額は、夫の毎月の小遣いの額だからです。つまり、200万円のカードローンは、夫と妻が協力して、やっと、返済できるギリギリの金額なのです。勿論、年収や家庭環境により返済可能額は変わりますが、カードローンの借入額の200万円から400万円が自力返済の限界金額と言えます。

 

カードローン残高がこの金額に達すると、家やマンションなどの資産を売却して返済するか親兄弟などの支援を仰ぐしか手は無くなります。しかし、その様な根本的な解決策が無い人は、ジワジワと借入残高が増えて多重債務に陥っていきます。

 

多重債務を避けるための危機ラインは、年収600万円程度のビジネスマンの場合、カードローン残高が200万円ということになります。只、カードローン残高が200万円でも、借入元本が毎月少しづつでも減っていれば希望があると言えます。しかし、カードローン残高の200万円が、毎月、少しづつでも増えている場合は危機ラインと考えなければなりません。その場合は、あらゆる手段を考えなければなりません。つまり、残りの資産を売却するか、低利のローンに切り替えるか、援助を仰ぐかなどです。それができなければ、時間を掛けて多重債務に落ちる道しか残されていません。

 

結論から言うと、キャッシングする前に自分が返せる限界の額を割り出し、その範囲内で借入をするということが大事なのです。簡単に言えば、借りすぎるなというなんとも当たり前のことなのですが、これが意外にもできない方が多いのです。

 

もうすでにキャッシングをしていて多重債務になっている、という人は今更、計算をしていてもしょうがないのでおまとめローンなどの救済措置を考えなければなりません。

 

おまとめローンで毎月の負担を減らし、生活を切り詰めて返済をすることで多重債務を抜け出すことは不可能ではありません(もちろん債務の程度にもよります)。


ホーム RSS購読 サイトマップ